小さな脅威「ヒアリ」

2017年5月26日、兵庫県尼崎市に停泊した中国からの貨物船内での発見に続き、2016年6月16日、神戸港でも個体の確認がされたヒアリ。

たびたびニュースで取り上げられている話題ですが、いったい何が問題なのでしょうか。今回はヒアリについて記事を書こうと思います。

f:id:buroguru:20170624191537p:plain

刺されると火傷のような強い痛み

ヒアリという名前の通り、刺されると火傷のような激しい痛みが襲ってきます。彼らは毒性の非常に強い猛毒針を持っているので注意が必要です。

 

異名「殺人アリ」

ヒアリに刺されて死亡した例もあります。彼らの持つ毒はアナフィラキシーショックを引き起こす場合があり、それが死亡の原因となります。アナフィラキシーショックとは、短時間で全身にアレルギー反応が出ることです。毒から身を守ろうとした体内の防衛機構が働きすぎてしまい、自分の体まで攻撃してしまうことで起こります。アナフィラキシーショックは通常2回目に起こります。

 

 

実はヒアリには天敵が存在しません。そのためすぐにその数を増やします。彼らはアメリカ、中国、オーストラリアなど太平洋周辺国に生息しており、各国のヒアリによる被害は甚大です。そして今度は日本に侵入しようとしています。私たちは時に人間を死に至らしめる彼らの恐ろしさを認識し、十分に注意する必要があります。